開発者のメモです!

日本庭園オープン--- [2013-01-24 08:44:05]

砂漠とサボテンのツーソンの町中に、ついこの間日本庭園がオープンしました。オーナーは日本が大好きなフランスの方です。縁あって開園日のイベントのひとつとしてお茶をたてさせていただきました。地元ローカルテレビもきていたので、すこしテレビに登場。立礼でのお茶のお手前、ツーソンの青くすんだ空の下でたてたのは気持ちがよかった。

 

今回の茶席では風炉釜がなかったので、昨年12月半ばに日本から送ってもらっていましが、1月に入ってもなかなか到着せずちょっとだけ心配しましたが、ぎりぎりで到着。立礼の台も当日の開園1時間前に業者さんが持ち込んで到着、ぎりぎりでした。でも檜の新品のテーブルで最高でした。またこんな機会があればいいなあ。

 

そのときのニュース:http://www.tucsonnewsnow.com/story/20597914/tucsons-first-japanese-garden-opens

YUME Japanese Garden in Tucson: http://www.tucsonjapanesegardens.com/


今年もよろしくお願いします--- [2013-01-17 11:48:22]

遅くなりましたが、皆さま、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

今年最初は、冬のグランドキャニオンの写真をのせてみました。去年のクリスマスに日本から私の茶道の先生ご夫婦が足を運んでくださいました。せっかくなのでグランドキャニオンまで!ということでノーマルタイヤの車で行ってみました。まずは中間地点のセドナというところで休憩。セドナは今流行り?のパワースポットということで、なんとなく宿もそこにとりました。で、グランドキャニオンのリアルタイムの気象情報をチェック。なんとか道路はオープンだったので行くことに決めました。

 

で、行ってよかったです。これまで5回くらい行ってますが、冬の雪をかぶったグランドキャニオンは初めてで感動しました。茶道の先生ご夫妻も満足頂けたようでよかったです。

 

ということで、ジオミルとは全く関係のない内容が続く最近の「開発者のメモ」でした。三

 


ツーソンで不昧流--- [2012-11-06 12:13:46]

このあいだ、2012年秋期ツーソン日本人会・交流会が催されました。本会は1966年に発足して以降、毎年開催されてツーソンに住む日本人や日本に興味のある方の親睦を深めている会です。だいぶ前から不昧流という流派の茶道をやっていたのもあって、今回の企画のひとつでお茶を立てさせて頂きました。

 

何かのために日本から持参していた袴が役に立つとは思いもしませんでしたが、海外で不昧流をやることができて不思議なような嬉しいような気がしました。楽しいひとときでした。ということで、また研究に精をだすことにします。 三

 

→ツーソン日本人会;http://www.geocities.jp/jpntus/

 


現在の成果--- [2012-11-04 07:39:53]

もう11月に突入してしましました。はやいです。ということでアリゾナに来ておおよそ7ヶ月の成果を思い浮かべてきました。む、研究じゃなくて、どうしてもバドの成果が思い浮かんでしまいます。。。現在までのメダルゲット数、合計6個。近所の子どもが1個持って帰ってしまったので、写真は5個分。

 

研究の成果はというと、まだ先は遠い感じですが地道に一歩ずつ進んでるかんじです。こんな贅沢な研究生活はなかなかないと思うので、あせらず頑張って行こうと思っております。


吸収男児の特許--- [2012-07-05 03:50:34]

待ちに待った粉体回収装置の特許が登録されました!2007年に出願してから5年。長かったです。Geomill326の特許の道のりも結構長かったですが、今回が最長記録です。とてもシンプルな特許ではありますが、関係者にとっては大変役に立つ技術だと思いますので嬉しいですね。特許出願から登録までお世話になった皆様、大変ありがとうございました。ウルトラ感謝です!!! ますます研究頑張ります。

 

2007年当時は、ウィートン製のバイアル瓶を対象として開発しましたが、昨年、カーボネイトディバイスのバイアル瓶専用の粉体回収装置も開発しました。現在売り出し中です。皆さん是非ひとつお手元に! 三


アリゾナ大に設置完了--- [2012-06-25 04:09:14]

待ちに待ったCO2ガスの同位体測定をするレーザー分光装置がアリゾナ大に到着しました。設置場所は質量分析計などの分析機器がたくさんある地下一階の建物です。一週間ほどロガーで気温の変化をみてみましたが23度でほぼ一定。装置の設置場所をしては理想的なところです。が、なんとも無機質な感じがしたので、近くのお店で観賞用の植物を買って置いてみました。これだけでも雰囲気がかわる気がします。

 

すぐ近くの部屋にはCO2ガスの酸素と炭素の同位体を測定する質量分析計があります。世界中の関係者が使っているものです。でも、このレーザー分光装置はそれよりもすごいヤツなんだ、と密かに期待をこめつつ、これからの実験が楽しみです(なにがすごいんだよ?ってそれはどっか別のところで)。三

 


Geomill326インストラクション中--- [2012-06-21 13:29:37]

ただ今アリゾナは21時過ぎ。日本は13時過ぎ。これから日本では、とある研究機関にGeomill326の納品とインストラクションです。いつもなら私が説明員としていくんですが、さすがにアリゾナからはいけません。開発した本人としては超行きたいんですが。ということでスカイプで参加中です。ホント便利な世の中です。終わったら麦酒のむぞ! 三

 


20フィート!--- [2012-06-15 06:00:43]

先日、とある会社からの1/4インチ径と1/8インチ径のステンレスの直管を買いました。「20フィート単位で売ってます」ということだったので「じゃあ20フィートで」と購入したところ、なんとホントに20フィートの長さのまま届きました!約6mです。てっきり2mくらいに切ったものがくるとおもっていたので驚きです。日本じゃありえない気がします。ある意味すばらしい。三

 


アリゾナでの最初の成果?--- [2012-05-31 00:32:56]

アリゾナ大学での在外研究も3ヶ月になりました。はやいものです。これまでの滞在で、最初の成果がでました!こちらのバドミントン大会で銀メダル獲得です(研究じゃない)。日本ほどレベルが高いわけではないのですが、はやりメダルをもらうと嬉しいですね。ツーソンのバド人口は意外に多く、内訳はアジア系6割、ヨーロッパ系3割、米国1割、といったところでしょうか。いろんな国籍の人とプレイできるのは楽しいです。

 

ということで、研究にもボチボチ精をだします。そいえばつい先日、エルゼビアのEnvironmental Earth Sciencesという雑誌に、遠い昔にやっていた島根県の汽水湖「中海」の研究成果(2003年のデータ)がminer revisionで戻ってきました。ほとんど忘れかけていて内容も真新しいことはないのですが、3年間程島根大学の楽しい仲間たちと研究していた頃の成果のひとつなので嬉しいニュースでした。三


導入!--- [2012-05-24 04:05:47]

新しい装置を導入しました。これまで地球科学の分野では、二酸化炭素ガスの酸素・炭素同位体比の計測は質量分析計で行うのが最も高精度な方法でした。これからはちがいます。これからは光です!

 

ということで、この装置はレーザー分光による二酸化炭素ガスの酸素・炭素同位体比分析装置です。写真は導入したてでゴチャゴチャとした感じになってますが、もっといけてる感じになる予定です。これで質量分析計と同等もしくはそれ以上の高感度・高精度での計測が可能になります(の予定)。そしてこの装置には、あといくつか素敵な計測ネタが仕込まれています。主要な部分はすべてカスタマイズしているので、これから1つ1つ基礎実験をはじめていきます。たのしみです。お酒を呑むときくらい楽しみです。三

 

 


Copyright (c) Project G. All Rights Reserved.